USA 株・情報

バフェット氏 アップル増資

アップル保有株増資

大資産家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは、アップル保有株を約1億3300万株に増やしました。バフェット氏が、CNBCインタビューで表明。保有株数は、昨年12月31日時点に比べ2倍程増加。24日ドル終値(136.66ドル)に基づくと、180億ドルは日本円で約2兆210億円強となる。バフェット氏によると、アップル株購入は、1/31の決算発表前に行った。

 

増資理由

「アップル製品はユーザーの定着率が高く、とても有用な製品だという印象がある」と語った。アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)の「資本の使い方は非常に賢明だ」と評価。そのため、バフェット氏の企業研究と評価基準を満たし、増資へと動いたと考えられます。

 

分析

バフェット氏のニュースを見て、早速、自分なりに分析してみました。

 

アップルの時価総額(2017年1月末)

約6470億ドル = 約72.5兆円 世界1位の大企業

 

アップル株の保有率(%)

180億ドル ÷ 6470億ドル × 100 = 2.78%

 

バフェット氏の総資産(2016年)

【約680億ドル=7.7兆円】

 

資産から見るアップル投資率

180億ドル ÷ 680億ドル × 100 = 約26.5%

この計算は、あくまでバフェット氏の総資産から計算した投資割合。バークシャー・ハサウェイの投資銘柄比率ではない。バフェット氏がアップルに期待を寄せていると推測。

 

なぜハイテク銘柄に投資したのか

今までハイテク銘柄に投資しないことで有名なバフェット氏が、なぜ注目したのでしょうか?理由をまとめてみました。

 

ブランド力が世界的に安定

・カフェなどで、アップル製品使用者が多い

・中古商品でも、値段が下がりにくい

・他の商品より高めだが、消費者は購入する

・値引きはしない主義

 

自社製造はせず、複数社に製造依頼

・設計図のみのライセンス(特許)収入がある

・他社に製造を委託し、雇用をつくる

・在庫は持たない

 

サムスン(韓国)のスマホシェア縮小

・アップルのiPhoneシェア拡大

 

投資家に対しての資本使いが高評価

・2013年売上増加により、利益1560億ドルを

「自社株買い」と「特別配当」を行った

 

今後の人口増加、iPhone使用者拡大

・数億人規模で拡大の可能性がある

・特に、アフリカやアジア圏

 

他にも

・アプリや音楽など、プラットフォーム充実

・アップルペイなど、マネーレス決済拡大

・シンプルで使いやすくリピーター多数

・新本社完成

 

バフェット氏の一言

ニュースの最後に、「アメリカ株は、現在の金利水準では割安」と、バフェット氏から一言。もちろんトランプ大統領の演説も市場への影響力が高いが、バフェット氏も同じだと言える。今後もアメリカは、堅調に成長率を伸ばすと予測。バフェット氏を見習い、今後の株式動向にアンテナを張りつつ、企業研究に力を入れることが大事です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。