USA 株・情報

Apple 消費者独占企業

消費者独占企業

世界一と言っても過言ではない大企業Appleのブランド力は計り知れません。創業者は、スティーブ・ジョブズ氏です。「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」( Good artists cope , Great artists steal )大変有名な名言です。現在のAppleは、新たなイノベーションやアイデア、商品化に投資する必要がありません。iPhone販売を行うことで、潤沢なお金を手にしています。そのお金を活用し、競合企業のイノベーションやアイデア、商品などを取り入れることで、消費者独占可能な企業です。

 

コカ・コーラ

Appleのように、日本も同様シナリオで、独占を実現した企業があります。『日本コカコーラ株式会社』です。※日本コカコーラの歴史

1914年(大正3年)日本上陸。

2017年(平成29年)創立60周年。

 

日本上陸状況は、

・商品数:コカコーラ 1種類(ビン)

・自販機がない

 

企業戦略

➡ 販路拡大のため、自動販売機設置

➡ サントリー企業等が参入

➡ サントリー「ウーロン茶」開発

➡ 初年度売上、1位 サントリー (お茶部門)

➡ コカ・コーラ「爽健美茶」参戦

➡ 次年度:売上(お茶部門)

 

1位 コカ・コーラ 「爽健美茶」

2位 サントリー 「ウーロン茶」

 

➡ サントリー「なっちゃん」

➡ コカ・コーラ「Qoo クー」

 

➡ 大塚製薬「オロナミンC」

➡ コカ・コーラ「リアルゴールド」

 

➡ 大塚製薬「ポカリスエット」

➡ コカ・コーラ「アクエリアス」

 

➡ アサヒ「カルピス」

➡ コカ・コーラ「アンバサ」

 

➡ 各社 「ミネラルWater」

➡ コカ・コーラ 「いろはす」

 

 

 

 

 

以上のように、1年目は負けても、2年目に勝つという戦法です。この戦法を実現させた最大要因は、「自動販売機の販路を確保」したことです。便利な自動販売機の利用率は高く、陣取り合戦は早い者勝ちです。このように、コカ・コーラは消費者独占企業に驚異的な戦略でのし上がりました。

 

Apple戦略

① Apple Music (音楽配信サービス)

・注目企業

Spotify(スポティファイ)とは、音楽のストリーミング配信サービス。2016年現在、1億人超えのユーザーをかかえる世界最大手企業です。日本では、2016年9月サービス開始。

 

② Safari(ウェブブラウザ)

・注目企業

Google「Chrome」Microsoft「Internet Explorer」

 

③ Apple pay & iMessage

・注目企業

Venmo(ベンモー)とは、アメリカの若者の中で、人気急上昇の個人間送金アプリ。決済サービスPaPal(ペイパル)傘下企業。Apple pay に、「P2P」送金サービス(個人間送金)が実装され、直接送金可能に進化。

 

④ iPad Pro (タブレット)

・注目企業

Microsoft「Surface Pro」ノートパソコン市場にて、徐々にシェア拡大。

 

⑤ AR技術

・注目企業

Google「Tango」拡張現実空間技術。

 

⑥ HomePod (スマートスピーカー)

・注目企業

Amazon「Amazon Echo」Google「Google Home」上記のような企業技術を取り入れることで、Apple商品を「使いやすいように」つくり変えるのです。今後、どのような戦略を繰り広げるのかが、とても楽しみであり、期待大の大企業です。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。