USA 株・情報

Apple Music 会員数2700万人突破

Apple Music

音楽配信サービスのこと。2017年6月5日、Apple開発者会議WWDCにおいて、ティム・クックCEOは、Apple Music会員数が2700万人突破を発表しました。2017年6月末、2周年を迎えます。その頃には、2800万人を上回っている想定。世界中とはいえ、この数字は大きい。日本人口の約4分の1に相当します。

 

会員数増加速度

2015年6月 サービス START!

2015年12月 1000万人

2016年12月 2000万人

2017年6月 2700万人

2017年12月末 3500万人(予測)

現時点の会員数2700万人は、毎月会員費を払っています。

 

月額料金

個人プラン:月額 980円

ファミリー(6人まで)プラン:月額 1480円

学生プラン:月額 480円

※ 3ヶ月の無料トライアル期間有。

 

売上予測

会員数:2700万人

平均月額:800円(仮定)

 

〔計算式〕

会員数 × 月額 = 約216億円 / 月

年売上 = 216億円 × 12ヶ月 = 約2592億円 / 年

著作権など差し引いたとしても、かなりの売上です。

もし会員数が、1億人に増加した場合、

会員数 × 月額 = 約800億円 / 月

年売上 = 800億円 × 12ヶ月= 約9600億円 / 年

 

 

まとめ

今後、アップルユーザーがアフリカやアジア圏で劇的に増加すると予測。Appleは、iPhoneなどの端末を売る時代が終わり、サービス売上を倍増する時代に突入したのかもしれません。元々Apple Musicも、Spotify(スポティファイ)という企業アイデアを取り入れました。今後もし、アップルペイが支払市場を独占した場合、クレジットカード会社などの手数料を、手にする可能性も大いにあります。無限の可能性をまだまだ秘める未知数な企業であると言えます。

 

金融用語・意味

スポティファイとは、音楽ストリーミング配信サービス、及び同サービスを運営する企業である。2016年現在、1億4千万人を超えるユーザーをかかえる世界最大手。日本では2016年9月にサービスが開始された。2006年夏にスウェーデンで創業され、2008年10月にサービスを開始。創業から1年半でヨーロッパで800万人を超える顧客を獲得し、2011年にはアメリカに進出。2012年現在、本拠を置くイギリスやドイツ、フランスなどヨーロッパ12カ国とアメリカの計13カ国でサービスを展開。(コトバンク参考)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。