〔マンガ〕バフェット氏 おすすめ書籍📚


バフェット氏 投資方法

① 損しないこと

② ①を絶対に守ること

 

【マンガ】ウォーレン・バフェット―世界一おもしろい投資家の、世界一儲かる成功のルール

バフェット氏の投資の極意を、漫画を通して紹介。わかりやすいため、初心者の方におすすめ。

 

【マンガ】バフェットの師匠と相棒

伝説のマネーマスター4人の生き様の中にこそ、本物の投資家をめざす者が学ぶべき絶対的真理が隠されている。経営者を見て買うフィッシャー氏、数字で判断するグレアム氏、その投資理論を学んだバフェット氏、バフェット氏の相棒のマンガー。20世紀を代表するマネーマスター4人の物語。

 

フィリップ・アーサー・フィッシャー(Philip Arthur Fisher)

1907年9月8日 – 2004年3月11日とても成功した株式投資家であり、1958年以来初版から印刷されている投資のガイドブック『Common Stocks and Uncommon Profits』(翻訳は『フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために』フォレスト出版)の著者である。フィッシャー氏の思想を受け継いだ人々の中で、もっとも有名な人物はおそらくウォーレン・バフェット。フィッシャー氏の行った最も有名な投資は、1955年にまだ小さなラジオ製造業者だったモトローラを購入。彼はモトローラ社の株を、2004年3月に96歳で死ぬまで保有。

 

ベンジャミン・グレアム(Benjamin Graham)

1894年5月8日 – 1976年9月21日アメリカ合衆国経済学者。「バリュー投資の父」「ウォール・ストリートの最長老」と呼ばれるプロの投資家。グレアム氏が最も知られているのは、億万長者の投資家ウォーレン・バフェットの育ての親としてであろう。バフェット氏はコロンビア大学でのグレアムの教え子の中で唯一A+。他によく知られているグレアム氏の生徒には、ウィリアム・ルアーンアービィング・カーンウォルター・シュロスチャールズ・ブランデスがいる。バフェット氏はグレアム氏を、堅固な知的投資の骨組みを確立した人物として信頼し、グレアム氏を父親に次いで影響力のある人物であると語っている。グレアム氏はバフェット氏とカーン氏に多大な影響を与え、彼らは自らの子供をグレアム氏と名付けている。また、1938年の彼の国際商品準備通貨構想は、ジョン・メイナード・ケインズのバンコールに大きな影響を与えた。

 

チャールズ・トーマス・マンガー(Charles Thomas Munger)

1924年1月1日 –ウォーレン・バフェットが会長を務める投資持株会社バークシャー・ハサウェイの副会長。投資家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください