経済とは


経済とは

財やサービスを、生産、分配、支出すること。(教科書的な説明)

個人ケースに言い換えると、

「財やサービスの生産」=働くこと

「分配」=給料をもらうこと

「支出」=お金を使うこと

要するに、個人にとっては、仕事 ➡ 給料 ➡ 生活することが経済。生きていること自体が、経済活動。

 

財やサービス

お金を稼ぐためには、何かモノを作って売るか、サービスを売るか、どちらかである。

・モノの生産:たこ焼き屋、饅頭屋など。

・サービスの生産:携帯電話屋、散髪屋など。

村長
経済とは、個人として考えると、働いた分の給料をもらい、そのお金で生活することそのもの。

 

金融用語・意味

経済とは、衣食住など物財の生産・流通・消費にかかわる人間関係の全体である。われわれ人間も他の動物同様,ものを食べなければ生きていけない。しかしわれわれがものを摂取する過程は,動物とは根本的に相違する。われわれは食物を料理したり容器に盛りつけるなど,さまざまな様式で形姿を整える。動物として生理的に胃の腑を満たすという点からすれば,過剰といえるような部分がまとわりついている。しかもこれら過剰な部分は効率的にものを摂取するため,あるいは節約するためということとは無関係で,むしろそれらのためにはマイナスでしかない。

 

生産とは、一般に,物的・人的環境に働きかけて生活資料を生み出す活動をいう。そのさい,生活の資料とはたんに有形の物財だけでなく,無形のサービス(用役),たとえば交通,医療,娯楽などのサービスをも含むと解すべきである。広義には孤立して行う自給自足的な生産活動,あるいは家庭の主婦の家事労働芸術家の創作活動も生産と呼べるが,狭義には交換や取引の対象となるサービスを生み出す活動を生産といい,経済学がふつう問題にするのはこの意味での生産である。

 

分配とは、生産手段・労働力の生産諸部門への配置と,労働生産物の社会諸階級への分配。分配は生産,交換,消費とともに経済学の代表的概念。社会の生産構造いかんが生産諸要素の配置と生産物分配の形態を規定するが,分配自体が生産に促進的または阻害的に逆作用もする。

 

支出とは、ある目的のために金銭・物品を支払うこと。また、その支払い。

 

とは、一般に,人々が消費や生産という経済活動を行うさいに用いられるものをいう。英語のgoods and services(財貨・サービス)という表現からわかるように,たんに有形な物質的なものだけでなく,サービスという無形なものも含めて考えるのが普通であるが,マルクス経済学では物質的なものに限定して考えることが多い。 経済学で財という言葉を用いるときには,経済財と自由財に分けられることがある。経済財というのは,人々が直接,間接に管理することができるようなもので,その供給が限定されていて,市場的交換の対象となるようなものをいう。(コトバンク参考)

経済とは” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください