思考・教訓

株で富を築くバフェットの法則

投資の神様

投資についての書籍は、難しい言葉を羅列した内容や、「簡単に儲けられます!」と、謳い文句の内容など、たくさんあります。その中でも、愛読者が多く、最も読まれているのは、投資の神様バフェット氏だと思います。バフェット氏のように、素晴らしい投資結果が出ている方の書籍は説得力があり、勉強になります。

 

ウォーレン・エドワード・バフェット

1930年8月30日アメリカ合衆国投資家経営者資産家慈善活動家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイ筆頭株主であり、同社の会長CEOを務める。大統領自由勲章を受賞している。

バフェットはバークシャー・ハサウェイの司令塔であり、長期投資を基本スタイルとし、長期間に渡って同社に高い運用成績をもたらした。ウォール街の金融街ではなく、地元ネブラスカ州オマハを中心とした生活を送っている為、敬愛の念を込めて「オマハの賢人」(Oracle of Omaha) とも呼ばれる。毎年開催されるバークシャー・ハサウェイの株主総会では、バフェットと同社の副会長チャーリー・マンガーの話を聞くために、世界中から数万人にものぼる株主が参加している

バフェットの投資に関する考え方はベンジャミン・グレアムの理論をベースとしている。株式が企業の一部であることを意識し、市場に惑わされず、安全余裕率を忘れないことが重要な要素だとしている。その他にフィリップ・フィッシャーの影響も受けている。当初は株価純資産倍率PBR)が1未満の株が解散価値の水準に価格修正される傾向があることから、PBRが1よりも小さい株を買い、価格修正されたところで売却し、差額を得るという方法が主流だった。しかし、失敗した投資やチャーリー・マンガーの意見によって、バフェットは単に割安な企業よりも数字に表れないものを含めて内在価値が高い事を重視するようになり、普通の企業を格安で買うよりも優れた企業を相応の価格で購入すべきだとしている。(Wikipedia参考)

 

投資最大のルール

① 損しないこと。

② ルール①を忘れないこと。

…..当たり前では?……そんなこと今更?と、思う方もいるかと思いますが、40年以上長期投資で億万長者になったバフェット氏の言葉には、深い意味があります。「もっと上がるのでは?」という期待感、「下がってしまうのでは?」という不安感、人間「欲」が最終的に邪魔します。邪魔されないためにも、人の意見やメディアなどの外的要因に、左右されない自分自身の投資思考を確立することがとても大事であり、自分が納得できる長期投資をすることです。

 

名言

投資とは、徹底的に分析し、元本と十分なリターンを確認する作業だ。この要因を充たさないものは投機だ。

投資は、「企業がもっと成長して欲しい!」と、企業の成長を応援しサポートすることです。その見返りとして、株価・配当でもらいます。分かりやすい内容のため、とても勉強になる書籍です。ぜひお読みいただきたいです。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。