USA 株・情報

Apple 競合他社

米国Apple企業

アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品、および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業です。

 

①iPhoneなどハイテク端末分野バトル

製品の製造販売ではなく、iPhoneなどの設計図を開発し、製造などは基本的に委任。※Foxconn(フォックスコン)など。(Foxconnとは、シャープ買収でも有名なホンハイ親会社の台湾企業です。)Appleは、設計図とデザイン開発だけを行っている企業といえるため、他に同業企業は存在しない。

〔iPhone7 / 32GBモデル〕

製造コスト:400ドル(約46,000円)

販売価格:699ドル(約80,500円)

単純計算差額:約34,000円利益

Appleの売上げ自体は、スマートフォン業界12%程度だが、営業利益別90%以上と一人勝ち。

 

②インターネット検索エンジン分野バトル

Google「Chrome」がライバルである。Microsoft「Internet Explorer」もだが、動きが遅く、使い勝手もあまり良くない。

〔Microsoft「InternetExplorer」37.91%〕

37.91%シェアと高いが、近年激減している。

 

〔Google「Android」37.93%〕

・YouTube:無料動画配信サービス提供

・Google Earth:位置情報検索サービス

・Google:翻訳サービス

・Gmail:メールサービス

・Googleカレンダー:時間管理サービス

様々なサービスを無料提供し、ユーザー獲得を果敢に進め、広告収入を得ている企業である。

 

〔Apple「Safari」約8%〕

・アップル ミュージック:有料音楽配信サービス

・アップルTV:有料TV放送

無料サービス提供せず、かなり強気の企業戦略である。ユーザー獲得のために、各社様々なサービスを提供している。GoogleとAppleは、根本的に異なる企業ビジョンであり、同業他社ではないように思えるが、ユーザー獲得競争では、競合他社である。

 

③PC分野バトル

1.PC本体販売

バトル相手:Microsoft Surface、SONY、東芝、NEC、Dell、HP、ASUSなど。

 

2.PCソフト販売

バトル相手:Microsoft、Google

・デスクトップOSシェア

1位 Microsoft(Windows):91.59%

2位 Mac:6.27%

3位 Linux:2.14%

 

3.PC本体販売

・Microsoft → Surface提供

・各家電会社 → サイズ、形など提供

・Apple → MacBook、Mac提供

他社に関しては、スマホとのつながりを大切に考えてない。

 

まとめ

世界的なPC市場では、Microsoft(Windows)が独占。

インターネット検索エンジンでは、

Microsoft「Internet Explorer」約37%

Google「Chrome」約37%

Apple「Safari」約8%

 

Microsoftは、PCシェア91%以上に対して、インターネット検索エンジン37%と低い。今後さらに「Microsoft」離れが予測される。最近、フリーソフト「Libre Office」でMicrosoft独自ソフトOffice(W/E/PP)が問題なく使用出来たことに衝撃的でした。AppleのPCは、iPhoneとも互換性よく、機能的且つシンプルで使いやすい。インターネット検索エンジンシェア8%、PCシェア6.27%なのは仕方ない数字であるが、今後さらに使いやすさを追求するユーザー数は、間違いなく拡大すると予測出来る。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。